俗性が映し出す神々の現実:人々と寄り添って暮らす『ミソニノミコト』

「八百万の神」とよく言われます。それだけ数多く存在する、日本神道における神の概念が、人々の親しみを得、文化や信仰から果ては生活までに根付いているのを端的に感じ取れるフレーズですね。
とは言え神様は神様、馴染こそできても「神聖で気高い」とどこかで思いがちですが……(少なくともボクはそう)

Read More

たられば

「この時こうしていたら」
「あれがああなっていれば」
そういう後悔もやはり、悲しいかなよくあるモノで。
つい昨日も、そういう後悔に苛まれたばかりなんですが……

Read More
  ≫older entries