雄弁は銀、沈黙は金(続)

ボク個人が自分に課すルールの1つとして「語るべきと思わないことは語らない」というモノがあります。
好きなモノはなるべく語りたいし、そうでないモノはなるべく語りたくない。そんな心理から少し外れたモノです。
必要とあらば苦手なモノだって語るときはあります。でも、それともまた別モノ。

とりわけ面倒だなーと思うのが、語るべきでない理由すらも語れないモノ。
それは要するに、理由を語ったら全てを語ったも同然になってしまうモノ。
で、ここ数ヶ月は特に、それに該当するモノが多いんですよね。
いやはや、実に厄介。

<7日追記>
単純に話題に出すのを忘れてるだけの話とか、話題に出せるほどの知識がない話のほうが本当は多くて。大概のことは聞かれれば話す身です。
仮に聞かれたとしても話さない話題がそういう面倒なやつ。
<追記ここまで>

昨日はブログを更新しておきながら記事では完全に沈黙、なんてボクなりの遊び心(になってるのか?)を表現してみました。
ただあれだけでは流石に何にもならなかったので、今日は雄弁……というほどでもないけれど、この記事をもって遠回しかつ存分に嘆いてみようと思います。

と、ここまで書いてはみたものの、結局毒にも薬にもならない話だった。

Written on April 6, 2019